Coaxial Coreフィルター

今までと同じ喫煙体験

Coaxial Coreフィルターは同軸構造に異素材を使用し、シガレットの通気に使用する場合、通気孔のあるシガレットと同じ原理でタール量を減らすことなく、一酸化炭素や他の気相ガスを大幅に削減できます。

フィルター構造

2種類の高品質捲縮加工アセチルセルロース繊維で同軸構造を形成。内部コアは外側のシリンダーで包まれます。 そのほか、コアを紙製にして、柔軟性をさらに高めることもできます。 内側・外側のコンポーネントの素材を選んで、圧力低下率やろ過効率を変えることができます。

内部コアは様々な断面形状にすることができるほか、色付きの薄膜を差別化や偽造防止の目的で使用することができます。 通常は非多孔性の紙で包まれますが、このフィルターは外包用プラグラップ紙で覆われます。プラグラップ紙は、標準タイプか多孔性タイプを使用します。

素材の組み合わせ、長さ、円周を選択することで、煙の流れ、タールとニコチンの保持水準、一酸化炭素の低減、吸引抵抗をコントロールできます。 各々の構造は、ブランドを強化し、お客様の味とろ過の要件に合わせて調整できる設計です。


Coaxial Core Example

特徴とメリット

  • 特に超低タールのシガレットで希望するシガレットの味と喫煙体験を維持する一方で、一酸化炭素や他の揮発性煙化合物の濃度を低減
  • 通気率が高くても適度な吸引抵抗により得られるすばらしい喫煙体験
  • 特徴的な端部の外観によって製品を差別化し、ターゲット市場にアピール
  • 圧力低下、通気水準、保持特性、煙流路を選択できる柔軟性に優れた設計